北海道コンサドーレ札幌U-15、北海道コンサドーレ室蘭U-15が高円宮杯 JFA 第32回全日本U-15サッカー選手権大会でともに1回戦敗退

12/12より、高円宮杯 JFA 第32回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会が開幕。この大会には、北海道コンサドーレ札幌U-15、北海道コンサドーレ室蘭U-15がアベック出場している。

同大会はノックアウト方式のトーナメント戦。全国から32チームが出場している。

札幌U-15の1回戦の相手はFC多摩ジュニアユース(関東6/東京都)。試合は、札幌U-15が前半に2点を決めリードしたものの、後半に入り同点に追いつかれる。再度突き放すが、ロスタイムに同点に追いつかれ3-3となり、PK戦に。7人目のキッカーまでもつれるも、4−5で敗れた。

室蘭U-15の1回戦の相手はファジアーノ岡山U-15(中国第2代表/岡山県)。試合は、札幌U-15が前半に先制するも、後半に入り逆転される。粘る室蘭U-15が、ロスタイムに同点に追いつき2-2となり、PK戦に持ち込むも、残念ながら2-4で敗れた。

この結果、今大会の北海道コンサドーレ札幌U-15、北海道コンサドーレ室蘭U-15の成績はともに、PK戦までもつれたものの1回戦敗退となった。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です