北海道コンサドーレ札幌U-15が第28回北海道クラブユースサッカー選手権大会(U-15)で優勝、準優勝の北海道コンサドーレ旭川U-15とともに全国大会へ

第28回北海道クラブユースサッカー選手権大会(U-15)が、6/11から7/3までサングリンスポーツヴィレッジ(夕張市平和運動公園)で開催された。

この大会は、第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会の北海道予選を兼ねており(北海道枠は2)、また3位から6位チームは、インターシティーカップEASTに出場することができる。

第28回北海道クラブユースサッカー選手権大会(U-15)は、道内の57クラブが参加してトーナメント方式で開催された。大会には、コンサドーレのU-15の全4チームが出場。北海道カブスリーグ1部の札幌U-15、旭川U-15、室蘭U-15は、シードされ5回戦から出場、北海道カブスリーグ2部の釧路U-15は、シードされ4回戦から出場となった。

5回戦(R16)から出場した札幌U-15は、プログレッソ十勝FC U-15に6-0、続く準々決勝で室蘭U-15との兄弟対決を10-0、準決勝の幕別札内FCを3-0で下すと、決勝の旭川U-15との兄弟対決を2-0で勝利し、大会優勝を決めた。

同じく5回戦(R16)から登場した旭川U-15は、TRAUM SV 旭川に5-1で勝利すると、準々決勝でSSSジュニアユースに4-1、準決勝でスプレッド・イーグルFC函館に2-1で勝利し、決勝へ進出。兄弟対決となった決勝は、札幌U-15に0-2で破れ準優勝となった。

同じく5回戦(R16)から登場した室蘭U-15は、アプリーレ札幌U-15に1-0で勝利するも、兄弟対決となった準々決勝で札幌U-15に0-10で敗退。インターシティーカップEAST出場権をかけたSC釧路U-15との5位決定戦では1-0で勝利し大会5位となり、出場権を手にした。

4回戦から出場した釧路U-15は、SC釧路U-15に0-1で破れてしまった。

以上の結果から、優勝した札幌U-15と準優勝の旭川U-15が第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会への出場権を獲得、5位の室蘭U-15がインターシティーカップEASTに出場権を獲得となった。

第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会は、8/15から8/24にかけて、北海道帯広市を中心として開催される。インターシティーカップEASTも8月に予定されている(日程等未発表)。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。