元コンサドーレ札幌のウーゴ・マラドーナさんが逝去

1997年〜1998年シーズンにコンサドーレ札幌でプレーしたウーゴ・マラドーナさんが、12/28(現地時間)に家族と暮らしていたイタリアで心不全により逝去された。享年52才。

ウーゴ・マラドーナさんは、サッカー界のレジェンド、ディエゴ・マラドーナさんの弟。兄、ディエゴ・マラドーナさんも、昨年11月に亡くなられている。

現地メディア、La Gazzetta dello Sportが訃報を伝えた。ウーゴ・マラドーナさんが在籍したこともあるSSCナポリは哀悼の意を伝えている(ウーゴ・マラドーナさんはSSCナポリがパスを持ったままレンタルされたので、SSCナポリでのプレー経験はなし)。ウーゴ・マラドーナさんが暮らしていたイタリアのモンテ・ディ・プローチダは、ナポリ近郊にある。SSCナポリは、兄のディエゴ・マラドーナさんが長らく在籍したクラブでもある。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「元コンサドーレ札幌のウーゴ・マラドーナさんが逝去」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です