岩崎悠人選手のサガン鳥栖への期限付き移籍が延長

北海道コンサドーレ札幌は、28日、岩崎悠人選手(MF)のサガン鳥栖へ期限付き移籍を延長することを発表した。契約期間は、2022年2月1日~2023年1月31日まで。

岩崎悠人(いわさき ゆうと):172cm/69kg、生年月日:1998年6月11日、出身地:滋賀県。サッカー歴:金城JFCーJFAアカデミー福島ー彦根市立中央中学校ー京都橘高等学校ー京都サンガF.C.(17-18)ー北海道コンサドーレ札幌(19)ー湘南ベルマーレ(20)ージェフユナイテッド市原・千葉(21-21.8)ーサガン鳥栖(21.8-21)。代表歴:U-17日本代表、U-18日本代表(2015)ーU-19日本代表(2016)ーU-20日本代表(2017)ーU-21日本代表(2018)ーU-22日本代表(2018-2019)。

発表された岩崎悠人選手のコメント:

『この度、サガン鳥栖への期限付き移籍期間を1年間延長することになりました。札幌のみなさんには、本当に感謝しかありません。2022シーズンも鳥栖でサッカーに真摯に向き合い、成長してきます。頑張ってきます。』


SNS上の関連コメント

 

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です