ジェフユナイテッド市原・千葉へ期限付き移籍していた岩崎悠人選手がサガン鳥栖に期限付き移籍

コンサドーレは、12日、ジェフユナイテッド市原・千葉へ期限付き移籍していた岩崎悠人選手がサガン鳥栖に期限付き移籍することを発表した。移籍期間は、2021年8月12日から2022年1月31日まで。

岩崎悠人(いわさき ゆうと):172cm/69kg、生年月日:1998年6月11日、出身地:滋賀県。サッカー歴:金城JFCーJFAアカデミー福島ー彦根市立中央中学校ー京都橘高等学校ー京都サンガF.C.(17-18)ー北海道コンサドーレ札幌(19)ー湘南ベルマーレ(20)ージェフユナイテッド市原・千葉(21-21.8)。代表歴:U-17日本代表、U-18日本代表(2015)ーU-19日本代表(2016)ーU-20日本代表(2017)ーU-21日本代表(2018)ーU-22日本代表(2018-2019)。

発表された岩崎悠人選手のコメント:

『この度、サガン鳥栖へ移籍することになりました。背中を押してくれるみなさんへ恩返しができるよう、精一杯頑張ってきます。』


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「ジェフユナイテッド市原・千葉へ期限付き移籍していた岩崎悠人選手がサガン鳥栖に期限付き移籍」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です