北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの松村雄太選手が日本代表として出場したカーリングミックスダブルス世界選手権2021でグループリーグ8位に

スコットランド・アバディーンで開催されているカーリングミックスダブルス世界選手権2021に、日本代表として出場している北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの松村雄太選手のペアが予選リーグ8位となった。

大会は、20カ国が出場。A・Bの2つのグループに別れ、リーグ戦を実施。決勝トーナメントには、グループA・Bの上位3チームが進出、計6チームによる変則の決勝トーナメントを行う。

この世界選手権大会は、2022年北京冬季五輪の予選を兼ねている。中国・イングランドを除く上位7カ国(18カ国中)までに入ると、北京五輪への出場権が獲得できる。7位に入れなかった場合は、残り枠をかけて改めて行われる五輪最終予選で出場権を争うことになる。

また、来年度のカーリングミックスダブルス世界選手権の出場シード権争いも行われた(16カ国がシード枠)。予選グループA・Bでそれぞれ7位までにはいると、次年度の世界選手権の出場権を獲得。8・9位の4チームが、残り2枠をかけて対戦となる。出場権をなくすと、予選大会から出場する必要あり。

大会には、北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの松村雄太選手とロコ・ソラーレの吉田夕梨花選手のペアが日本代表として出場。グループBに入った日本のペアは、これを3勝6敗の8位で終了。北京冬季五輪の出場権は得られなかったものの、来年度の出場権をかけて、グループAで9位の韓国と出場権決定戦(Relegation Game)で対戦。これに、7-5で勝利し、来年度の出場権を確保した。


SNS上の関連コメント


関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です