北海道コンサドーレ札幌のJ1リーグでの通算400得点目は金子拓郎選手

この日、札幌ドームで開催されたJ1リーグ第15節清水エスパルス戦で、金子拓郎選手が決めたゴールが、コンサドーレのJ1リーグ400得点目となった。

記念すべき最初の得点を初めてトップリーグ(J1リーグ)に参加した98年Jリーグ開幕戦(清水エスパルス戦;日本平)でバルデス選手が決めてから、今シーズン始まるまでに積み上げた得点は379点。

奇しくも同じ清水エスパルス相手に、今季チームで21得点目を決めた金子拓郎選手のゴールが、チーム通算400得点目となった。


SNS上の関連コメント

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です