北海道コンサドーレ札幌バドミントンチームの近藤聡選手が現役引退

北海道コンサドーレ札幌バドミントンチームの近藤聡選手が、現役引退することが発表された。

・近藤聡(こんどうさとる):生年月日:1992年4月21日、出身地:北海道小樽市。

発表された近藤聡選手のコメント:

「今シーズンを持ちまして、僕はバドミントン選手を引退します。
発足当初から応援してくださったファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、コンサドーレの関係者の皆様、ありがとうございました。
今シーズンが始まった時点で、勝負の年、選手として最後の年と自分で決めていました。
コロナ禍の中で自粛期間中に自分自身を見つめ直すことがあり、たくさんの葛藤があり、苦しいことがありました。
ですが、全ての昇格に関われたこともそうですが、自分自身の最後の選手生活を決めた年に発足当初からの目標にしていたSJリーグ昇格が叶ったこと、
今までの苦しいこと悔しいことの全てが報われたと思いました。
今シーズン諦めず最後までやり遂げてよかったと思います。
後悔なく選手生活を終えることができることは、選手として幸せなことだと改めて思います。
コンサドーレの一員として活動してきたこと、辛さも嬉しさも全て僕の財産です。
発足してから5年間、本当にお世話になりました。
皆さんの支えがあってこその僕の今だと思います。
新しい環境に身を置くことになりますが、僕らしく頑張ります。
これからは、コンサドーレバドミントンチームをサポーターの皆様と共に応援していきたいと思います。

今まで本当にありがとうございました。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。