北海道リラ・コンサドーレが皇后杯JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会に代替出場することに

日本サッカー協会は、北海道代表として、皇后杯JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会に出場することになっていた札幌大学ヴィスタが出場を辞退したため、北海道リラ・コンサドーレが繰り上がりで本選出場することになったことを発表した。

皇后杯への北海道地域からの出場枠は2つ。1つはチャレンジリーグに所属するノルディーア北海道に、残り一つは皇后杯北海道予選大会の優勝チームに与えられることになっていた。

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、第15回北海道女子サッカーリーグと第42回皇后杯北海道予選が合同で開催されることになった。そのため、例年だと道内予選を勝ち抜いたチームによる大会となる皇后杯予選は、北海道女子サッカーリーグの6チームによる大会となり、トーナメント形式で開催された。

北海道リラ・コンサドーレは、決勝まで進んだものの、札幌大学ヴィスタに1-5で敗れ準優勝。皇后杯出場を逃していた。

今回、皇后杯大会直前ながら、札幌大学ヴィスタがチーム事情により出場を辞退することになったため、北海道リラ・コンサドーレが繰り上がりで本選出場することになった。北海道リラ・コンサドーレにとって、皇后杯本大会は初出場となる。

皇后杯大会は、11/28から、全国各会場で始まる。

【第42回皇后杯1回戦】

  • 試合日時:2020年11月29日(日)10:30キックオフ
  • 対戦相手:岡山県作陽高校(中国/岡山)
  • スタジアム:セイホクパーク石巻 石巻フットボールパーク

SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道リラ・コンサドーレが皇后杯JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会に代替出場することに」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です