第100回天皇杯全日本サッカー選手権大会の大会方式が大幅変更に

日本サッカー協会は、23日、新型コロナウイルス感染症の影響により、第100回天皇杯全日本サッカー選手権大会の大会方式を大幅に変更、縮小して開催することを発表した。

日程が、5/23の開幕から9/16の開幕に変更。参加チーム数も縮小される。

当初、全国から88チームが参加してノックアウト方式で開催することになっていたが、これが都道府県代表を中心とした50チーム参加に縮小される。Jリーグからは、J1、J2の全クラブが参加することになっていたが、2チームのみの参加に変更される。この2チームは、J1リーグ上位2チームで、12/27の準決勝から出場する。J3クラブも参加しない。

Jリーグのチームが減らされたのは、リーグ戦を優先してのこと。新型コロナウイルス感染症の影響で、スケジュールの再調整が必要でリーグ戦開催が危ぶまれる中、日程調整が厳しく、天皇杯とリーグ戦を並行して開催することが難しくなった。

北海道コンサドーレ札幌が天皇杯に出場するには、J1リーグで2位までに入る必要がある。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「第100回天皇杯全日本サッカー選手権大会の大会方式が大幅変更に」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です