北海道リラ・コンサドーレがJFA U-15女子サッカーリーグ2022 北海道で優勝

この日、最終節の試合が行われ、北海道リラ・コンサドーレがJFA U-15女子サッカーリーグ2022 北海道で優勝した。

U-15女子サッカーリーグ北海道は、昨年まで10チームで1つのリーグだったのが、第3回大会となった今大会は1部、2部の2部制のリーグに新たにわかれ、それぞれ6チームが参加する形の変更。北海道リラ・コンサドーレは1部で戦う。

最終節の試合を前に1位の北海道リラ・コンサドーレは勝ち点25の首位、2位につけるクラブフィールズ・リンダの勝ち点は23。最終節が直接対決となたため、北海道リラ・コンサドーレが優勝するには、勝ちか引き分けが必要となっていた。

試合は、お互い勝利を目指すも得点が入らず。結局最後までスコアが動くことなく、0-0で引き分け。北海道リラ・コンサドーレの優勝が決まり、3連覇を達成した。

このJFA U-15女子サッカーリーグ2022 北海道は、JFA第27回全日本U-15女子サッカー選手権大会の北海道予選を兼ねているため、北海道リラ・コンサドーレは全国大会へ進む。

JFA第27回全日本U-15女子サッカー選手権大会には、北海道から2チーム出場でき、本リーグ優勝チームと第30回北海道U-15女子サッカー選手権大会の優勝チームに出場権が与えられる。北海道リラ・コンサドーレは、実は第30回北海道U-15女子サッカー選手権大会でも優勝しているので、すでに出場権を獲得していたのだが、この日、もう一つの予選大会でも優勝を決めた。

両予選大会で同じチームが優勝した場合は、第30回北海道U-15女子サッカー選手権大会の準優勝チームに出場権が与えられるので、岩見沢FCルファヴェニールU-15が、北海道リラ・コンサドーレと一緒に北海道代表として全国大会に出場する。


SNS上の関連コメント


関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です