順天堂大学の大森真吾選手が2022年シーズン新加入内定

コンサドーレは、順天堂大学の大森真吾選手(FW)が2023年シーズンに新加入内定したことを発表した。

氏名:大森真吾(おおもり・しんご)、生年月日:2001年2月9日、身長/体重:181cm/77kg、サッカー歴:小倉南FCJrユースー東福岡高校ー順天堂大学。代表・選抜歴:U-18日本代表(2019)ーU-19日本代表候補(2020)。

発表された大森真吾選手のコメント:

『この度、北海道コンサドーレ札幌へ加入することが決まりました、順天堂大学の大森真吾です。
このような発表をすることができたのは、これまで出会った指導者の方々、ドクター・トレーナーの方々、仲間、友人、先生方、その他大勢の方々の支えや応援があったからこそだと感じています。本当に感謝しています。これからはそういった様々な方への感謝の想いをプレーで表現し、「大森真吾を応援していてよかった」と喜んでもらえるよう努めていきたいと思います。
そして、これまでなによりも力になり支えとなったのが両親・兄弟の存在です。どんな時も常に応援し支えてくれた家族には感謝してもしきれません。これからもみんなに喜んでもらえるよう努力し続けるので期待してみていてください。
最後に、北海道コンサドーレ札幌のファン・サポーター・関係者の皆様これからよろしくお願いいたします。プロサッカー選手としてのキャリアを北海道コンサドーレ札幌という素晴らしいクラブでスタートできることに喜びを感じており、プレーするのがとても楽しみです。1日でもはやく勝利そして得点に貢献し、北海道の地に笑顔と感動をもたらすことができるよう精進していきます。応援よろしくお願いいたします。』


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。