野々村芳和コンサドーレ代表取締役CEOが取締役会長に就任、三上大勝取締役GMが代表取締役GMに就任

株式会社コンサドーレは、1/11の取締役会決議にて、野々村芳和コンサドーレ代表取締役CEOの取締役会長への就任、ならびに三上大勝取締役GMの代表取締役GMにへの就任が決まったことを発表した。

三上大勝代表取締役GMのコメント:

この度、株式会社コンサドーレ代表取締役GMを拝命いたしました。クラブの代表として、前社長の野々村が描いてきたビジョンや行ってきた経営判断に対して、よりスピード感を持って対応していきたいと思います。
 コンサドーレは今日まで、道民市民、サポーターの皆さま、パートナー企業の皆さまと一緒に歩んできました。多様化する時代の中で、変わらぬ想いを大切にしながら、柔軟な対応が必要であればスピーディーに対応し、皆さまと一緒に、これからも前に進んでまいります。サッカー、スポーツを通して、北海道、札幌市、そこに関わる人々を豊かに元気にすることが、我々の使命であると考えています。
 代表取締役GMという役職名につきましては、これまで私はコンサドーレの「GM」という職に対して、こだわりを持ってやってきました。その考えをこれからも継続させていくという決意を込めました。石水勲クラブ最高顧問から受け継いだものを大事に、そして自分たちで様々な想像を超えて行けるように、これからもよろしくお願いいたします。

関連外部サイト

サイト内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。