サガン鳥栖へ期限付き移籍していた中野嘉大選手が完全移籍

北海道コンサドーレ札幌は、7日、サガン鳥栖へ期限付き移籍していた中野嘉大選手が完全移籍することを発表した。

中野 嘉大(なかのよしひろ):172cm/69kg、生年月日:1993年2月24日、出身地:鹿児島県阿久根市。サッカー歴:パルティーダU-12ーパルティーダU-15ー佐賀県立佐賀東高校ー筑波大学ー川崎フロンターレ(15-16)ーベガルタ仙台(17-18)ー北海道コンサドーレ札幌(19-21.3)ーサガン鳥栖(期限付き移籍(21.3-21))。

発表された中野嘉大選手のコメント:

「この度サガン鳥栖へ移籍することになりました。昨シーズンの開幕当初にチームを離れることになり、沢山の人に迷惑をかけましたが、そんな中でも自分の意思を尊重し快く送り出してくれた強化部、コーチングスタッフの皆さんありがとうございました。
また、札幌での2年間 今シーズンレンタル移籍した後でもあたたかく応援していただいたサポーターの皆さん、ありがとうございました。
札幌ではなかなか自分のプレーを出せずにチームに貢献することができなかったので、コンサドーレサポーターの皆さんの前でもう一度自分の力を証明したかったですが、これからは一選手として札幌では見せられなかったプレーをもっともっと見せていきたいと思います。
3年間コロナ禍の影響で大変な中でも多くのサポート本当にありがとうございました。」


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です