北海道コンサドーレ札幌U-18が高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフで敗退

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフが12/10から始まった。この大会は、来シーズンのプレミアリーグへの昇格チームを決める大会。これに、北海道コンサドーレ札幌U-18は、北海道第1代表として出場している。

大会には、全国の地区代表18チームが参加。3チームづつに分かれてトーナメント戦を実施。各ブロックで優勝すれば、来シーズンはプレミアリーグへの昇格がきまる。

北海道コンサドーレ札幌U-18はBブロックに入り、阪南大学高校(関西第2代表)と対戦。試合は、前半15分、17分と連続失点を喫し、2点を追う展開に。後半に入ってもなかなか得点をうばうことができず、逆に79分に更に追加点を許す。試合終了間際の89分にようやく1点を返すも追いつくことはできず、試合終了。

1-3で敗れた北海道コンサドーレ札幌U-18は、残念ながらプレミアリーグへの昇格がならなかった。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌U-18が高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 プレーオフで敗退」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。