札幌ドーム開業20周年「記念絵画展」の入賞者を発表

札幌ドームは、札幌ドーム開業20周年「記念絵画展」の入賞者35名を発表した。

今年は、札幌ドーム開業20周年「記念絵画展」として、例年小学生が対象の「札幌ドームこども絵画展」が、一般まで参加カテゴリーを拡大しての記念開催となっている。今年は一般の部もあったせいか、例年に比べて作品の表現方法が多彩になっている感がある。

グランプリの札幌ドーム大賞(小学生の部)を寺田弥生さん(3年生)、札幌ドーム大賞(一般の部)を玉川夢来さん(中学3年生)が受賞した。

札幌ドーム大賞の他、金賞、銀賞、銅賞、入選、コンサドーレ特別賞、ファイターズ特別賞などの入賞者が発表された。

札幌ドームの南北連絡通路(西ゲート付近)では、10月19日(火)~11月30日(火)の間、受賞作品のみならず、応募作品132点全てが掲示される。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「札幌ドーム開業20周年「記念絵画展」の入賞者を発表」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です