北海道コンサドーレ札幌U-18の西野奨太選手がプロ契約に

コンサドーレは、30日、北海道コンサドーレ札幌U-18の西野奨太選手(DF)とプロ契約を結んだことを発表した。10月1日よりプロ契約となる。

西野奨太選手は、今季、2種登録選手に登録され、Jリーグへの出場はまだなものの、天皇杯には出場した。

これまでトップ昇格したアカデミーの選手は、最終学年あるいはアカデミー卒業にあわせてプロ契約していたが、西野奨太選手はまだ高校2年生であり、コンサドーレではアカデミー在籍しながらの飛び級昇格した初めてのケースになる。

西野奨太(にしのしょうた):生年月日:2004年5月28日、身長/体重:181cm/73kg、出身地:北海道。サッカー歴:北海道コンサドーレ札幌U-12ー北海道コンサドーレ札幌U-15ー北海道コンサドーレ札幌U-18。代表歴:日本代表U-17(2021年)

発表された西野奨太選手のコメント:

北海道コンサドーレ札幌U-18からトップに昇格しました。西野奨太です。
まず、今までお世話になってきたコンサドーレでプロサッカーキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。ここにくるまで、チームスタッフの方々、チームメイト、今まで関わってくれた沢山の方々、そして家族の支えがあってこそ今の自分があります。本当に感謝しています。
小さな頃から憧れていた札幌ドームでコンサドーレの勝利のために活躍できる選手になれるようこれからより一層努力していきますので、サポーターの方々熱い応援よろしくお願いします。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌U-18の西野奨太選手がプロ契約に」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です