北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの谷田康真選手のペアが全農2021カーリングミックスダブルス日本代表決定戦で優勝

9/18から稚内市みどりスポーツパークで開催された全農2021カーリングミックスダブルス日本代表決定戦に、北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの松村雄太選手と谷田康真選手が出場した。

それぞれ、松村雄太選手が吉田夕梨花選手(ロコ・ソラーレ)と、谷田康真選手が松村千秋選手(中部電力)とペアを組んで出場した。

この大会は北京冬季五輪へのミックスダブルスの日本代表を決めるもので、大会にはこれまでの成績から下記の3チームが出場して、日本代表の座を競った。試合はまず総当りのリーグ戦で2回りする。その上位2チームによる決定戦を最大3試合行う。決定戦では予選リーグと合わせて先に3勝したほうが日本代表となる。

・松村雄太(コンサドーレ)・吉田夕梨花(ロコ・ソラーレ):第14回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権大会優勝
・谷田康真(コンサドーレ)・松村千秋(中部電力):第13回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権大会優勝
・竹田直将(竹田・竹田)・竹田智子(竹田・竹田):2021年1月1日時点WCTランキング国内最上位


9/18〜19の二日間にわたって行われた予選リーグの結果、3勝1敗の成績となった松村・吉田ペアと谷田・松村ペアの決定戦となった。決定戦では先に2勝したペアが代表となる。

9/20に行われた決定戦1試合目は7-5で、谷田・松村ペアが先勝して代表にリーチ。決定戦2試合目は序盤から追いつ追われつの展開となり、最終エンドに1点とったほうが勝利の展開に。最終エンドに有利な後攻になった谷田・松村ペアが手堅く決めて8-7で谷田・松村ペアが連勝。結果、3勝した谷田・松村ペアが日本代表に決定した。

ミックスダブルスの日本代表となった谷田康真(コンサドーレ)・松村千秋(中部電力)ペアは、12月にオランダで開催される五輪最終予選に出場する。最終予選でミックスダブルスの残り2枠に入って五輪出場権を得た場合、そのまま日本代表として北京五輪に出場する。

五輪最終予選には、男女の日本代表チームも出場する。男子はコンサドーレが、女子はロコソラーレが出場する。


SNS上の関連コメント

【予選リーグ】


【決定戦】

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの谷田康真選手のペアが全農2021カーリングミックスダブルス日本代表決定戦で優勝」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です