北海道コンサドーレ札幌カーリングチームがどうぎんカーリングクラシック2021で優勝

北海道コンサドーレ札幌カーリングチームが「どうぎんカーリングクラシック2021」男子の部で優勝した。

この大会から、カーリングチームの2021/2022年シーズンが開幕。

大会は、参加8チームが4チームづつに分かれてグループリーグを実施。両グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出する。

コンサドーレチーム(Team Matsumura)はプールAに入り、初戦のTeam Yamaguchi(SC軽井沢クラブ)戦を8-6で勝利をおさめると、次のTeam Kawano(高松製作所)戦を8-1、Team Sato(札幌国際大学)戦を7-2と、3連勝。プールA 1位で決勝トーナメントに進出。

準決勝のTeam Maeda(常呂ジュニア)戦は、圧倒的。6-0で完勝した。決勝のTeam Morozumi(TM軽井沢)戦は、序盤から点を重ねたコンサドーレチームが7-2で勝ちを収めた。

コンサドーレチームは、シーズン初戦の大会を優勝で飾った。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌カーリングチームがどうぎんカーリングクラシック2021で優勝」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です