北海道コンサドーレ旭川U-15が第36回日本クラブユースサッカー選手権大会(U-15)の出場権を獲得

第27回北海道クラブユースサッカー選手権大会(U-15)が、7/3から7/18までサングリンスポーツヴィレッジ(夕張市平和運動公園)などで開催され、北海道コンサドーレ旭川U-15が決勝進出を決めた。

この大会は、第36回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会の北海道予選を兼ねており、北海道枠が2であることから、決勝進出を決めた北海道コンサドーレ旭川U-15は、全国大会への出場権を得た。第36回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会は、8/15から8/24までの間、北海道帯広を中心としたエリアで開催される。

なお、現時点で第27回北海道クラブユースサッカー選手権大会(U-15)の決勝戦の対戦相手はSSSジュニアユースとなったが、日程は未定となっている。


第27回北海道クラブユースサッカー選手権大会(U-15)は、道内の58クラブが参加してトーナメント方式で開催された。北海道カブスリーグ(U-15)の参加チームはシードされ、この大会に出場できる。旭川U-15以外のコンサドーレの各U-15も出場した。

4回戦から登場した札幌U-15は、準々決勝でアプリーレ札幌U-15に0-1で敗退。この大会では、決勝に進出した2チームが第36回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会にすすみ、3位から6位の4チームが、その下の東日本大会であるインターシティーカップEASTへの出場権を得る。まず、準決勝敗退の2チームが出場権を得て、残り2枠を準々決勝で敗退した4チームが5位決定戦(代表決定戦)を実施。これに勝利すれば、インターシティーカップEASTにすすめる。
札幌U-15は、インターシティーカップEAST出場権を掛けて、札幌ジュニアFCと対戦。試合は1-1のままPK戦へ。接戦となるも4-5で敗れてしまい、インターシティーカップEASTの出場権を得られなかった。

同じく4回戦から登場した室蘭U-15は、準々決勝でアンフィニMAKI.FCにPK戦の末、敗退。インターシティーカップEAST出場権を掛けて、スプレッド・イーグルFC函館と対戦。残念ながら2-3で敗れてしまい、インターシティーカップEASTの出場権を得られなかった。

2回戦から登場した釧路U-15は、4回戦で旭川U-15と兄弟対決となり、1-2で敗退した。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です