北海道コンサドーレ札幌カーリングチームが日本代表として出場したカーリング男子世界選手権2021で9位に

カナダのカルガリーで開催されているカーリング男子世界選手権2021に、日本代表として出場している北海道コンサドーレ札幌カーリングチームが大会9位となった。

大会は、14カ国による総当たりのリーグ戦が行われ、上位6カ国がプレイオフ(トーナメント)にすすむ。予選リーグの全試合が終了した時点で、9位となったコンサドーレチームは、プレイオフ(トーナメント)に進むことができず、順位が確定した。

この世界選手権大会は、2022年北京冬季五輪の予選を兼ねている。上位6カ国までに入ると、北京五輪への出場権が獲得できたのだが、この大会での獲得はならなかった。6位に入れなかった場合は、残り枠をかけて改めて行われる五輪最終予選で出場権を争うことになっており、コンサドーレチームは、その大会にて出場権獲得を目指すことになる。


SNS上の関連コメント

【予選リーグ最終戦スウェーデン終了後】

【予選リーグ最終戦スウェーデン終了後の選手インタビュー】

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です