立正大学の田中宏武選手が2022年シーズン新加入内定

コンサドーレは、立正大学の田中宏武選手(MF)が2022年シーズンに新加入内定したことを発表した。

氏名:田中宏武(たなかひろむ)、生年月日:1999年4月15日、身長/体重:174cm/68kg、サッカー歴:FC尾島ジュニアー前橋SCー桐生第一高校 ー立正大学。代表・選抜歴:関東大学選抜A(2021年)。

発表された田中宏武選手のコメント:

この度、北海道コンサドーレ札幌に加入することが内定しました立正大学の田中宏武です。北海道コンサドーレ札幌というとても魅力的な素晴らしいクラブで、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。
自分は本当にたくさんの人に恵まれてここまでくることができました。まずなによりも小学校3年生でサッカーを始めたときから何不自由なくプレーを続けさせてくれて、誰よりも応援してくれた家族には本当に感謝したいです。また、自分を信じてくれた地元の友達、常に切磋琢磨して時にはぶつかりながら高めあってくれたチームメイト、生意気な自分に厳しく愛のある指導をしてくださった指導者の方々、これまで関わってくれた全ての人に感謝しています。
そして1番のライバルであり弟でもあるベガルタ仙台の田中渉とJリーグという同じ舞台に立つことができることを誇りに思います。
現状に満足することなくまずはここまで人間的に大きく成長させてくれた立正大学でしっかり戦います。そして北海道コンサドーレ札幌で1日でも早くチームの勝利に貢献してファン、サポーターの皆様に応援していただけるような選手になっていきます。応援よろしくお願いいたします。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

「立正大学の田中宏武選手が2022年シーズン新加入内定」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です