【報告書】Jリーグのスタジアム・クラブハウスなどにおける感染予防のための調査 調査内容とスタジアム内のCO2濃度と混雑具合の計測結果について(第一報)

Jリーグは、2020年シーズンに実施した「スタジアム・クラブハウスなどにおける感染予防のための調査 調査内容とスタジアム内のCO2濃度と混雑具合の計測結果について」の第一報の結果を発表した。

この調査は、スタジアムにおける新型コロナウイルス感染症に対する予防効果などを調べる目的で、国立研究開発法人産業技術総合研究所などと連携し、実施されたもの。

J1・J2・J3リーグの各カテゴリーから、調査対象試合が選ばれ、全部で7試合で調査が実施された。コンサドーレの試合も選ばれており、12/5に札幌ドームで開催されたJ1第31節のセレッソ大阪戦で調査が行われた。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です