「FIFA21 グローバルシリーズ eJリーグ Powered by ひかりTV」で北海道コンサドーレ札幌代表のしかまる選手がベスト16

Jリーグが開催する「FIFA21 グローバルシリーズ eJリーグ Powered by ひかりTV」の決勝ラウンドにて、北海道コンサドーレ札幌のクラブ代表選手のしかまる選手がベスト16になった。

「FIFA21 グローバルシリーズ eJリーグ Powered by ひかりTV」は、エレクトロニック・アーツ社(以下 EA)のゲーム「EA SPORTSTM FIFA 20」を用いて行われるeスポーツの大会。ゲームは、実際のJ1クラブ(2020シーズン)のクラブ・選手を使用して行われた。

大会には、J1クラブ18チームから、それぞれ、クラブ予選を勝ち抜いたクラブ代表選手とクラブ推薦選手の2名が出場。6人づつのグループに分かれてまずグループステージとしてリーグ戦を実施。各グループ上位2名と3位の中から成績の良い上位4人の計16人がトーナメント方式のノックアウトステージに進出する。優勝と準優勝者には国際サッカー連盟(FIFA)が主催する公式eスポーツ大会「FIFA eWORLD CUP」の予選であるFIFA 21 グローバルシリーズ東アジア地区プレーオフへの出場権が与えられる。

コンサドーレからは、クラブ推薦選手は出場せず、クラブ代表選手としてしかまる選手、おやじ選手の2名が、12/26-12/27に開催された予選ラウンドを勝ち抜き出場した。おやじ選手は、2020年に開催された「eJリーグ オンラインチャレンジカップ」に続いての連続出場。

試合の方は、グループCに入ったしかまる選手が、3勝1敗1分のグループ2位でノックアウトステージに進出。グループEに入ったおやじ選手は、4敗1分でグループ6位となりグループステージ敗退となった。

ノックアウトステージ1回戦で、しかまる選手はeスポーツ大会日本代表経験もあるジェイターレ選手(川崎フロンターレ)と対戦。試合は、序盤から押し込まれ圧倒される展開に。この攻勢を最後まで跳ね返すことができず、0-5で敗退した。この結果、しかまる選手の成績はベスト16となった。


SNS上の関連コメント


【グループステージ結果】

(グループC)

(グループF)

【ノックアウトステージ結果】

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です