eJリーグ オンラインチャレンジカップで北海道コンサドーレ札幌代表のおやじ選手がベスト16

Jリーグが開催する「eJリーグ オンラインチャレンジカップ」の本戦にて、北海道コンサドーレ札幌のクラブ代表選手がおやじ選手がベスト16になった。

eJリーグ オンラインチャレンジカップは、エレクトロニック・アーツ社(以下 EA)のゲーム「EA SPORTSTM FIFA 20」を用いて行われるeスポーツの大会。ゲームは、実際のJ1クラブ(2019シーズン)のクラブ・選手を使用して行われた。

大会には、J1クラブ18チームから、それぞれ、クラブ予選を勝ち抜いたクラブ代表選手とクラブ推薦選手の2名が出場、計36名のトーナメントで行われた。コンサドーレからは、クラブ代表選手としておやじ選手、クラブ推薦選手としてカーリングチームの松村雄太選手が出場した。

4/10に1回戦が行われ、おやじ選手は、川崎フロンターレのゆーみー選手を2-1で下し、2回戦(ベスト16)に進出。翌4/11に行われた2回戦の相手は、鹿島アントラーズのナスリ選手。ナスリ選手は、アジアランキング1位の優勝候補。前半を0-0で踏ん張るも、後半立て続けに失点すると押し返すことができず、0-2で敗戦となった。

松村雄太選手は、4/9に行われた1回戦から登場。ヴィッセル神戸のpeace5487選手と対戦したが、2-6で敗戦。こちらは初戦敗退となった。


SNS上の関連コメント



コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です