明治安田生命Jリーグウォーキングアプリの「バトル企画後期」で北海道コンサドーレ札幌が4位入賞、年間「最多メンバー数クラブ」のJ1部門で1位に

明治安田生命が実施している明治安田生命Jリーグウォーキング。健康のために、たくさん歩きましょうという趣旨の活動だが、専用アプリも公開され、サポーターが参加したクラブ対抗戦も開催。

その対抗戦において、『バトル企画後期』で北海道コンサドーレ札幌が4位に入賞した(前期は5位)。また、通年の『最多メンバー数クラブ』ランキングのJ1部門で、最多メンバー数クラブとなった。

【『バトル企画後期』ランキング】

  • 1位:アルビレックス新潟
  • 2位:福島ユナイテッドFC
  • 3位:SC相模原
  • 4位;北海道コンサドーレ札幌
  • 5位:名古屋グランパス

【『最多メンバー数クラブ』ランキング】

  • J1部門:北海道コンサドーレ札幌(4028人)
  • J2部門:アルビレックス新潟(4052人)
  • J3部門:鹿児島ユナイテッドFC(1399人)

SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「明治安田生命Jリーグウォーキングアプリの「バトル企画後期」で北海道コンサドーレ札幌が4位入賞、年間「最多メンバー数クラブ」のJ1部門で1位に」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です