荒野拓馬選手が2020年度「札幌ドームMVP賞・サッカー部門」を受賞

北海道コンサドーレ札幌のホームスタジアムである札幌ドームは、24日、2020年度「札幌ドームMVP賞・サッカー部門」の受賞者を発表した。

2020年度「札幌ドームMVP賞・サッカー部門」に荒野拓馬選手が選出された。

荒野拓馬選手の選出理由は、札幌ドームサイトにて実施したファン投票で最多票を獲得(計1,365票中626票)した。フィールド内での圧倒的な運動量で攻守共に大きな活躍を見せた。ドリブルで敵陣に鋭く切り込む攻撃力とプレッシャーをかけてボールを奪う守備力、そして持ち味のアグレッシブさが存分に発揮された。など。

「札幌ドームMVP賞・サッカー部門」は2004年より毎年実施されており、受賞者のプレートが、札幌ドームの連絡通路廊下に掲示される。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です