2020JリーグYBCルヴァンカップはベスト8

9/2に開催されたJリーグYBCルヴァンカッププ決勝トーナメント準々決勝で横浜F・マリノスに敗れた北海道コンサドーレ札幌は、ベスト8の成績で大会を去ることになった。

新型コロナウイルス感染症の影響で、試合数が縮小されて開催された2020JリーグYBCルヴァンカップ。予選グループは、ホームアンドアウェイの6試合から3試合に縮小。この予選グループCを、コンサドーレは2勝1分けで1位となり、決勝トーナメントに駒を進めた。

8チームで行われる決勝トーナメントもホームアンドアウェイの形式から1試合の形式に変更。昨年、準優勝に終わったコンサドーレは、2年連続の決勝戦進出と雪辱を期して決勝トーナメントに望んだ。

試合は、コンサドーレが押し気味にすすめるも、双方ゴールを決めることができず、前半が終了。後半に入った後半8分、駒井善成選手がゴール正面からこぼれ球を叩き込んで先制。同点を狙い、攻勢に出るマリノスの裏をついてコンサドーレがシュートを重ねるも追加点が奪えず。そうこうしているうちに、後半32分にマリノスに同点ゴールを奪われてしまう。その後は、両チーム決め手にかけ、1-1のまま90分が終了。

今大会は延長戦がないので、このままPK戦に入った。先攻になったコンサドーレは4人目まではゴールを決めるも5人目の福森晃斗選手が止められてしまう。対して、マリノスは5人全員がゴールを決め、PK戦4-5で敗退が決まった。

2020JリーグYBCルヴァンカップの、コンサドーレの成績はベスト8。残念ながら2年連続の決勝進出はならなかった。


SNS上の関連コメント

コンサデコンサ内関連記事

「2020JリーグYBCルヴァンカップはベスト8」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です