2020JリーグYBCルヴァンカップで2年連続プライムステージ進出が決定

北海道コンサドーレ札幌は、8/12に2019JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第3節をむかえた。

新型コロナウイルス感染症の影響で、ルヴァンカップは大きく日程が変更された。グループリーグは、4つのグループリーグにて、3試合に短縮され実施。各グループ1位と
成績の良い2位チームのなから1チームが決勝へ進出。

プライムステージに進出した5チームは、シードされているACL出場3チームとのプライムステージ(準々決勝)に進出することになる。

コンサドーレは、サガン鳥栖、サンフレッチェ広島、横浜FCのグループCに入り、ここまで、2連勝。この試合引き分け以上で自力でのプライムステージ進出が決まる。新型コロナウイルス感染者が出た影響で、もう一つの、広島-鳥栖は急遽中止が決定。すんなり決めるためにも、この日の自力での決定は必須。

試合は、前半はお互い決め手に欠けむと点で終了。後半に入り、PKから、アンデルソンロペス選手が先制するも、追いつかれて同点に。その後、ゲームは動かず、このまま試合終了。グループステージ2勝1分けで、自力でのプライムステージ進出を決めた。

プライムステージは、9/2から。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「2020JリーグYBCルヴァンカップで2年連続プライムステージ進出が決定」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です