7月に開催されるホームゲーム2試合のチケット販売方法を発表

北海道コンサドーレ札幌は、7月に開催されるホームゲーム2試合のチケット販売についてアナウンスした。

【対象試合】

  • 2020明治安田生命J1リーグ第6節 7月22日(水)FC東京(札幌ドーム)
  • 2020明治安田生命J1リーグ第7節 7月26日(日)横浜F・マリノス(札幌ドーム)

この2試合は、新型コロナウイルス感染症の影響で、最大収容人数が5,000名になることがすでに決まっている。このため、発売方法や各座席エリアの発売数等が、通常と大きく異なっている。

同日、クラブコンサドーレ会員向けの全シーズンシートの払い戻しが発表されており、シーズンシート購入者もチケットをあらためて購入する必要がある。しかし、チケット購入に関して優先されており、チケット販売は、まず、シーズンシート会員枠のクラブコンサドーレのレッド会員、ブラック会員に向けて販売される。次に、クラブコンサドーレのブルーグレイ会員、ホワイト会員、レッドキッズ会員に向けて発売され、最後に一般向けに販売される。

販売場所は、チケットコンサドーレ(Jリーグチケット)にて。

チケット販売日や方法に関する詳細は、公式サイトを参照のこと。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「7月に開催されるホームゲーム2試合のチケット販売方法を発表」への5件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です