Jリーグがクラブライセンスの交付・取り消しに関する特例措置を発表

Jリーグがクラブライセンスの交付・取り消しに関する特例措置を発表した。

おもな特例処置は、ホームゲーム開催スタジアムに関するしばりの緩和、ならびに財務状況に関する縛りの緩和。

これにより、今季はホームゲームに関する縛りがゆるくなり、公認スタジアム以外のスタジアムでの開催が認められることになった。また、今季に限って赤字決算(債務超過)になってもそれを制裁対象に含まない。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です