北海道リラ・コンサドーレが第23回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会でベスト8

7/21からJ-Green堺にて開幕した第23回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会に、北海道第2代表として北海道リラ・コンサドーレが出場している。

今年は猛暑が続いていることもあり、大会も開始時間を早めるなどの対策を取る中で開催された。

大会は大会には全国から32チームが参加し、トーナメント形式で行われた。今回で3回目の出場となるリラは、これまで勝利がない。悲願の初勝利を目指して、初戦はシーガル広島レディース(中国第2代表/広島)と対戦。この試合、押し込んでいた前半に決めた1点を守りきり1-0で勝利。記念すべき初勝利を上げた。

2回戦の相手は、アルビレックス新潟レディースU-15(北信越第1代表/新潟)。試合は、先制するも点の取り合いとなり、一度は逆転されながら終了間際に追いつき、PK戦へと突入。7人目までもつれたが、これを4-3で勝ち抜き、準々決勝へ。

準々決勝の相手は、ノジマステラ神奈川相模原アヴェニーレ(関東第3代表/神奈川)。ノジマステラは2試合で8点を奪っており、その攻撃力への対応が見どころであったが、リラは劣勢の中、終盤までよく耐えていた。しかしながら後半22分、27分と試合終了間際(前後半30分ハーフ)に連続ゴールを決められ、0-2で敗退。

大会初勝利を上げたリラの冒険はベスト8となった。


SNS上の関連コメント

【全日本U-15女子】7/21 1回戦第1日ダイジェスト

【全日本U-15女子】7/23 2回戦ダイジェスト

【全日本U-15女子】7/25 準々決勝ダイジェスト


関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です