北海道リラ・コンサドーレが第26回北海道女子ユース(U-15)サッカー選手権大会で準優勝

北海道リラ・コンサドーレが第26回北海道女子ユース(U-15)サッカー選手権大会で準優勝した。

6/9からトーナメント形式で行われた同大会で、北海道リラ・コンサドーレは、クラブフィールズ・リンダとともにシードされて2回戦から登場。その2回戦で十勝FSリトルガールズを4-0で下し、準決勝でも東白石あかつきFCを4-0で倒して、17日の決勝戦へ駒を進めた。

決勝戦の相手は、反対のブロックを勝ち上がってきたクラブフィールズ・リンダとなり、3年続けて同じ顔合わせとなった。リンダは、2010年から8連覇中。試合は接戦とな2-2で延長戦へ。その延長後半に1点を奪われ、万事休す。2-3で敗れ、雪辱はならなかった。リンダは、9連覇を達成。

この大会は、第23回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会北海道予選を兼ねている。北海道からは、2チーム出場できるので、優勝したクラブフィールズ・リンダ(北海道第1代表)、そして準優勝の北海道リラ・コンサドーレ(北海道第2代表)が、全国へ駒を進める。リラの全国大会出場は、3年連続。

第23回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会は、7/21から7/28まで、J-GREEN堺で開催される。

関連外部サイト

「北海道リラ・コンサドーレが第26回北海道女子ユース(U-15)サッカー選手権大会で準優勝」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です