コンサドーレバスがリニューアル、三代目デザインが登場

3/10に札幌ドームで開催されたJ1第3節清水エスパルス戦で、デザインがリニューアルされたバスが登場。

新しいデザインは、これまでのデザインに比べ、赤黒がより強くレイアウトされた、全体にシンプルな感じなものに変わっている。ラッピングバスのもとになっているバス車体も別の車に変更になっている。ナンバープレートは、従来通り「53-10」。

これまで使用してきたバスのデザインは2012年に登場したもの。つごう、車体としては4台目。デザインとしては3代目ということになる。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「コンサドーレバスがリニューアル、三代目デザインが登場」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です