2017年第11回北海道カブスリーグU-15(1部)が終了、北海道コンサドーレ札幌U-15が準優勝

10/14・15の二日にわたって2017年第11回北海道カブスリーグ1部の最終節の試合が行われた。同リーグに参加している、北海道コンサドーレ札幌U-15、北海道コンサドーレ旭川U-15の最終成績が確定した。北海道コンサドーレ札幌U-15が準優勝した。

【平成29年度第11回北海道カブスリーグU-15(1部リーグ)】

  • 北海道コンサドーレ札幌U-15 準優勝
  • 北海道コンサドーレ旭川U-15 5位

今季の札幌U-15は最終節まで1位をキープしていたが、最終節でスプレッドイーグルFC函館U-15に黒星を喫した。勝ち点で並んでいたアンフィニMAKI.FCが引き分けたため、逆転されて準優勝となった。

平成29年度第11回北海道カブスリーグは、平成29年度高円宮杯全日本ユースU−15北海道リーグも兼ねているので、上位3チームは全国大会へ出場できる。優勝したアンフィニMAKI.FC、準優勝の海道コンサドーレ札幌U-15、3位のSSSジュニアユースが、12/16から茨城県で開催される全日本ユースU−15大会へ出場する。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です