サイトヒストリー

728x90

ようこそ、コンサデコンサへ。

この記事の目次

1996年

1月21日:北海道フットボールクラブ(東芝FC)ホームページ誕生

hfc-homepage

1995年12月、川崎市で活動していた東芝FCが札幌へ移転、Jリーグを目指すプロクラブとなることが発表されました。これをうけて、クラブの応援サイトを作ることを決意。正月休みなどを返上してホームページを作り上げました。当時、東芝FCのホームページもなかったので、コンサドーレ札幌に関する一番最初のホームページとなりました。デビューしたのは、1996年1月21日。なので、1月21日がこのサイトの誕生日となります。

ホームページの名称は「北海道フットボールクラブ(東芝FC)ホームページ」。今だと公式サイトとの違いが分からなくなるので、こういった名付け方はしないと思うのですが、当時は、何々のホームページという意味で普通に行われていました(何々はそのホームページが取り上げているテーマ)。なので、同じ名称のサイトがいくつも立ち上がることもありました。

アクセスプロバイダと契約し、そこのサーバーで公開しました。RIMNETというプロバイダに載っていました。当時は、インターネットという言葉自体も珍しく、回線も電話回線で細々と繋げるレベル。まだパソコン通信なる物が主流だった時代です。個人でネットに繋げている人も珍しい時代で、関東の方がこのホームページを見るために、週末秋葉原に通っていましたなどとご連絡いただいたような時代です。

サイト全体のファイルも300KBしかなく、フロッピーディスク1枚に楽々収まるサイズです。当サイトが1周年を迎えた時、記念してデビュー当時のサイトを再公開して保存してありますので、当時のサイトをご覧下さい。本当に稚拙だったのがわかると思います。

3月2日:サイトの名称をコンサドーレ札幌ホームページに変更

クラブ名がコンサドーレ札幌に決まったことをうけ、サイトの名称を「コンサドーレ札幌ホームページ」に変更しました。

4月1日:コンサドーレ札幌公式ホームページ登場

1996年度開始日に、公式サイトさんが満を持して登場しました。

4月5日:掲示板設置

アクセスしてくる人達の交流を目的とした掲示板を設置しました。CGIを使用したものです。21世紀になってブログやSNSが主流になるまで活況を呈しました。現在ではすでに稼働を終えていますが、当時の発言は過去ログとしてまとめてあります。

6月30日:英語版設置

英語版サイトを設置。

consadole-homepage-en

7月31日:独自ドメイン取得へ、URL変更

アクセスプロバイダのサーバー上ではCGIなどの稼働に難があったため、ホームページを公開するためのプロバイダとあらたに契約、独自ドメインを取得し、その上で公開するようにしました。現在使用しているconsadeconsa.comのドメインを取得するまで、このドメインで運用を続けたのですが(2000年頃まで)、この間、サイトのデザインも頻繁に変更されました。

1996年のホームページ状況

この年、登場したコンサドーレ札幌に関するホームページは全部で9つ。今と違って、サイト全体の数が少なく検索エンジンなどがなくても探し漏れはないような時代でしたので、この数に間違いはありません。

初年度に登場し、今でも元気に頑張っているのは、当サイトと公式サイトさんとConsadole Sapporo Informationさんの3つだけとなりました。

2000年

5月1日:コンサデコンサに名称変更、URL変更

consadeconsa-homepage-9th

サイト名称を「コンサデコンサ」に変更したのをうけて、独自ドメインも取得。現在も使用しているconsadeconsa.comです。この頃からのサイトは、Internet ArchiveであるWayback Machineに記録が残っています。

当時の収録コンテンツ

当時の収録コンテンツはこんな感じでした。

hpmap

2001年

1月21日:コンサデコンサが5周年

コンサデコンサが5歳になりました。

2005年

暗黒時代の到来

この頃から、サイト運営に手が回らなくなり、開店閉業状態に。

オンラインサービスであるブログやソーシャルサービスも数多く登場し、ネット上にはコンサドーレに関する情報があふれるようになりました。コンサドーレに関する情報も公式サイトが充実したこともあり、情報をとりまとめる必要性もそうしたものにおまかせしてもいいかもと思ったこともその一因。

2006年

1月21日:コンサデコンサが10周年

コンサデコンサが10歳になりました。

2010年

6月16日:サイトのリニューアルを決意する

ネット上のいろんなサービスは充実して行くも、いろんなコンテンツや情報が結構な量、消えていってしまっていることに気がつく。公式サイトでさえ、URLや管理者が変更になる都度、古いコンテンツが消えていく。というわけで、コンサドーレにまつわる情報を整理整頓し、ログとして記録していくことの必要性に思い至る。

7月1日:コンサデコンサのTwitterアカウント公開

コンサデコンサの Twitterアカウントで、最初のつぶやきが公開されました。

8月8日:コンサデコンサがリニューアルオープン

consadeconsa-homepage-11th

HTMLファイルで構成された従来のサイトを、Wordpressを使用したブログスタイルへ変更して、リニューアルオープンしました。

11月3日:CONSA DE CONSA 別宅を新設

非常時の連絡サイトとして、別宅を新設。

11月9日:別宅をCONSA DE CONSAラボに名称変更

別宅をラボに改称。サイト運用上の覚え書きを記録するサイトとして運用することに。

11月14日:コンサデコンサのFacebookページ設置

コンサデコンサの Facebookページが設置されました。

コンテンツの整理

従来のコンテンツをWordpressにあわせるために、一年ほどかけて整理し直しました。

contents22

2011年

1月21日:コンサデコンサが15周年

コンサデコンサが15歳になりました。

2013年

4月24日:ラボの名称をログブックに変更

サイト運用上の覚え書きを記録するサイトであるラボを、ログブックに改称。コンサデコンサの裏サイトのような位置づけに。

5月29日:ログブックのために新規ドメインを取得

ログブックのために、「consadeconsa.net」のドメインを新規取得。

12月22日:デザイン更新 現在のスタイルへ

consadeconsa-homepage-12th

今のスタイルにデザインを変更しました。12代目のデザインとなります。

2010年のリニューアル以降、収録コンテンツも離合集散を繰り返し、だいぶまとまってきました。
現在の収録コンテンツは「コンテンツについて」に記載してあります。

コンサデコンサのスタイルは開業当初から情報系サイトですが、そのコンセプトはオンラインのスクラップブック。テーマはもちろん北海道コンサドーレ札幌。コンサドーレに関する情報を、継続的に記録していくことを目指しています。

当時のサイト全体

当時の収録コンテンツ

当時の収録コンテンツはこんな感じでした。

2016年

1月21日:コンサデコンサが20周年

コンサデコンサが成人をむかえました。

2018年

2月1日:サイトを常時SSL化

consadeconsa.comを常時SSL化しました。これに伴い、URLが少し変更になりました。

http://www.consadeconsa.com → https://www.consadeconsa.com

2019年

11月:投稿記事が1万をこえました

当時のサイト全体

当時の収録コンテンツ

当時の収録コンテンツはこんな感じでした。

2021年

1月21日:コンサデコンサが25周年

コンサデコンサが25歳になりました。