北海道コンサドーレ札幌「2024 Special Edition Uniform」が発表、予約スタート

相澤陽介クリエイティブディレクターによる北海道コンサドーレ札幌の「2024 Special Edition Uniform」が発表された。この日、J1第19節北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス戦が行われた札幌ドームでデザインが公開された。

限定ユニフォームには、フィールドプレーヤーユニフォームとゴールキーパーユニフォームそれぞれが用意され、予約販売がこの日6/23からコンサドーレオフィシャルオンラインストアでスタートした。予約は、6/27まで。

発表された相澤陽介クリエイティブディレクターのコメント:

FUTURE & CLASSIC
長年、北海道コンサドーレ札幌を支えてきた小野伸二が昨年引退し、
クラブは大きな変革を求められています。
その中で若手の成長が何よりも重要でありクラブの未来です。
歴史と未来という2つの財産を融合し、
新たな1ページを作っていくコンサドーレをコンセプトとし、
白い恋人という象徴と、赤黒白のストライプを復刻、
MIZUNOによって現代のファブリックを使い製作しました。
ストライプの表現は雪の結晶からテキスタイルパターンを作成し、
スピード感のあるグラデーションによって躍動感のあるデザインにしています。
様々な歴史を積み重ね、常に胸を張って前を見続けようという思いを込めました。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌「2024 Special Edition Uniform」が発表、予約スタート」への7件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です