第102回天皇杯で北海道コンサドーレ札幌が3回戦敗退

22日、JITリサイクルインクスタジアムで、第102回天皇杯日本サッカー選手権3回戦北海道コンサドーレ札幌対ヴァンフォーレ甲府の試合が開催された。

試合は前半11分に菅大輝選手のシュートからオウンゴールで先制するも、31分、39分と甲府の三平和司選手に連続ゴールをゆるし、逆転されてしまう。後半に入っても、これをひっくり返すことができず、試合終了。2022年シーズンの天皇杯は、昨年に引き続き3回戦で敗退となった。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。