北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの谷田康真選手と相田晃輔選手が退団

北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの谷田康真選手と相田晃輔選手がチームを離れることが発表された。

・谷田康真(たにだやすまさ):生年月日:1994年5月16日、出身地:北海道名寄市。
・相田晃輔(あいたこうすけ):生年月日:1998年10月2日、出身地:北海道北見市。

発表された谷田康真選手のコメント:

「本日、6月13日をもちまして北海道コンサドーレ札幌カーリングチームを離れる事となりました。
このチームで4シーズン活動し、日本選手権での3度の優勝、アジア選手権での優勝、2度の世界選手権出場など、数多くの素晴らしい経験をする事ができました。それは、このチームでしか出来なかった事であり、いつも温かく応援してくださった皆様がいたからの事であると思っています。
ただ、昨シーズンは、目標としていた北京オリンピック出場へは届かず、とても申し訳のない気持ちでした。チームを離れる事にはなりましたが、このチームで得た事を活かし、引き続きカーリング競技に恩返ししていけるよう、活動していきたいと思っています。また元気な姿で、いつか皆様にお会いできるよう日々精進していくとともに、北海道コンサドーレ札幌のさらなる発展と飛躍を願っております。
いつも温かくご支援・ご声援をくださったファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、チームメイト、チーム関係者の皆様、これまで大変お世話になりました。そして、本当にありがとうございました。」

発表された相田晃輔選手のコメント:

「この度、北海道コンサドーレ札幌カーリングチームを離れることになりました。このチームで活動してきた5年間、パートナー企業の皆様、サポーターの皆様、クラブスタッフの方々には、沢山の応援とご支援をいただき心から感謝しております。
チームが目標としていた北京五輪出場は叶わなかったですが、北京へ向けて歩んできた道のりは僕にとって大きな財産となっています。
18歳でチームに入った時は、正直カーリングのことだけに関わらず、世の中の事が何も分からなかったです。しかし、人に恵まれ、周りの大人たちが色々なことを教えてくれ、色々な経験をさせてくれたおかげで今の自分があります。
これからは、自分自身の成長だけに限らず、いままで自分がそうしてもらったように次世代の子供達の力になれる存在になっていきたいと思います。
今後は、本業である漁業に力を入れつつも、ミラノ五輪出場に向けてカーリングも続けていきたいと思います。一人前の漁師、一人前のカーリング選手を目指して頑張っていきますので、引き続き応援していただければ幸いです。
最後になりますが、サポーターの皆様、僕に関わってくれたすべての皆様へ、改めて感謝申し上げます。今まで本当にありがとうございました。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。