北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの谷田康真選手が日本代表として出場したカーリングミックスダブルス世界選手権2022でグループリーグ5位に

スイス・ジュネーブで開催されているカーリングミックスダブルス世界選手権2022に、日本代表として出場している北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの谷田康真選手のペアが予選リーグ5位となった。

大会は、20カ国が出場。A・Bの2つのグループに別れ、リーグ戦を実施。決勝トーナメントには、グループA・Bの上位3チームが進出、計6チームによる変則の決勝トーナメントを行う。

また、来年度のカーリングミックスダブルス世界選手権の出場シード権争いも行われた(16カ国がシード枠)。予選グループA・Bでそれぞれ7位までにはいると、次年度の世界選手権の出場権を獲得。8・9位の4チームが、残り2枠をかけて対戦となる。出場権をなくすと、予選大会から出場する必要あり。

大会には、北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの谷田康真選手と中部電力の松村千秋選手のペアが日本代表として出場。グループAに入った日本のペアは、初日の2連敗からスタート。その後、持ち直し、6連勝すると、予選リーグ最終戦を迎える段階で、日本代表を含む4チームが並んで首位にたつ激戦に。最終戦の相手、スウェーデンに勝利すれば決勝トーナメントにすすめたのだが、5-8で惜しくも敗れてしまった。

この結果、最終成績は6勝3敗のグループリーグ5位となった。


SNS上の関連コメント


関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌カーリングチームの谷田康真選手が日本代表として出場したカーリングミックスダブルス世界選手権2022でグループリーグ5位に」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。