2022 JリーグYBCルヴァンカップが開幕

2/23、北海道コンサドーレ札幌の2022 JリーグYBCルヴァンカップが開幕した。

予選グループにはACLに出場するクラブ以外のJ1クラブ14チームに、J2に降格した上位2チームの計16チームがが出場。4チームごとに4つのリーグにわかれグループリーグが行われ、各グループ上位2チームがプレーオフステージに進む。8チームで行われるプレーオフステージはホームアンドアウェイで行われ、勝利チームがプライムステージにすすむ。プライムステージからは、ACL出場4チームが加わり、ホーム&アウェイ方式のトーナメント戦で優勝を目指す(決勝戦のみ1試合)。

北海道コンサドーレ札幌は、柏レイソル、京都サンガF.C.、サガン鳥栖と同じCグループに入り、この日は、駅前不動産スタジアムに乗り込んでサガン鳥栖との対戦となった。

試合はいきなり前半2分にオウンゴールで先制点を献上するも、後半に入って田中駿太選手(後半5分)、金子拓郎選手(後半14分)がゴールを決め、逆転に成功。ところが、後半27分に同点に追いつかれる展開になり、そのまま試合終了。2/19のJ1リーグ開幕戦と同じく、引き分けスタートとなった。

グループリーグは、5/18まで行われる。


SNS上の関連コメント

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。