Jリーグが「データで振り返る2021年シーズン」を公開

Jリーグの公式サイトが、「データで振り返る2021年シーズン」の記事を公開しています。

いろいろなパラメータでリーグ1位〜10位は誰かを紹介。この中で、北海道コンサドーレ札幌の金子拓郎選手が「クロス数」と「ドリブル成功数」で、J1リーグ1位の称号を獲得。

【データで振り返る2021年シーズン ランキング】
(コンサドーレ関連分のみ)

  • ゴール数(J1):アンデルソンロペス選手8位(12ゴール)
  • アシスト数(J1):チャナティップ選手8位(6回)
  • 総スプリント数(J1):小柏剛選手2位(869回)、金子拓郎選手4位(825回)
  • 総走行距離(J1):田中駿汰選手8位(391.958km)、駒井善成選手9位(390.432km)
  • シュート数(J1):金子拓郎選手9位(67回)
  • クロス数(J1):金子拓郎選手1位(165回)
  • チャンスクリエイト数(J1):金子拓郎選手4位(51回)
  • ドリブル成功数(J1):金子拓郎選手1位(152回)
  • タックル数(J1):田中駿汰選手9位(93回)
  • GKセーブ数(J1):菅野孝憲選手10位(82回)

「ドリブル成功数」に関しては、2位のマテウス選手(名古屋)が70回なので、金子拓郎選手の152回は突出しています。

また、高嶺朋樹選手が10月度の月間ベストゴールを受賞しているので、受賞者一覧で紹介されています。

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。