FIFA 22 グローバルシリーズ eJ.LEAGUEの開催を発表

Jリーグは、FIFA eWorld Cup につながるeスポーツ大会「FIFA 22 グローバルシリーズ eJ.LEAGUE」を開催を発表した。

この大会では、eJ.LEAGUEとして、国内大会を開催。まずJ1各クラブ代表選手を決める予選ラウンドが行われ、その後、決勝ラウンドとなる。

eJ.LEAGUEは世界大会の予選を兼ねており、優勝すると、日本代表としてFIFA主催の世界大会予選 Global Series Playoffsならびに世界大会本戦のFIFA eWorld Cup 2022に出場できる。

大会は、まずクラブチャンピオンズカップの予選ラウンドで、各クラブの代表を決定する。各クラブ2名の代表枠を持つが、北海道コンサドーレ札幌は推薦選手としてまる選手が決定しているので、一般参加者は残り1枠を争う形になる。一般参加者は、12/1から12/15までにオンラインからのエントリーが必要。

各クラブ代表者は、1/15からの決勝ラウンドで、他クラブの代表者と優勝を目指して戦う。ベスト8からは、FUTチャンピオンカップとなり、優勝者には、「FIFA eWORLD CUP」の予選であるFIFA 22 グローバルシリーズプレーオフへの出場権が与えらる。

大会の模様は、Jリーグ公式YouTube、LINE LIVE、Twitter LIVEなどで配信される予定。

詳細は公式サイトを参照のこと。

【クラブチャンピオンカップ】

  • 予選ラウンド(配信なし):2021年12月25日(土)、12月26日(日)
  • 決勝ラウンド:2022年1月15日(土)、16日(日)、29日(土)

【FUTチャンピオンカップ】

  • 2022年1月30日(日)

SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です