元石屋製菓社長でコンサドーレ札幌設立に大きく尽力された石水勲さんが逝去

元石屋製菓社長でコンサドーレ札幌設立に大きく尽力した石水勲さんが逝去された。

石水勲さんは9/26に死去。享年77歳。この日、亡くなったことが明らかになった。

石水勲さんは、石屋製菓社長時代にコンサドーレ札幌の設立に大きく尽力、石屋製菓では2007年まで社長を努めた。その間、コンサドーレの運営会社(北海道フットボールクラブ)の取締役も兼任し経営に携わってきた。運営会社の取締役を引いた後は、会長も務め、現在は最高顧問を努めていた。

北海道コンサドーレ札幌の公式サイトでは、野々村芳和コンサドーレ社長の追悼文が掲載されている。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

石水勲さんが写っている写真が古い記事にありました。

「元石屋製菓社長でコンサドーレ札幌設立に大きく尽力された石水勲さんが逝去」への24件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です