第101回天皇杯で北海道コンサドーレ札幌が3回戦敗退

7日、トランスコスモススタジアム長崎で、第101回天皇杯日本サッカー選手権3回戦北海道コンサドーレ札幌対V・ファーレン長崎の試合が開催された。

試合は試合開始早々に2失点する展開に。後半に青木亮太選手が1点を返すも、逆転には至らず。2021年シーズンの天皇杯は3回戦で敗退となった。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です