宮澤裕樹選手が砂川誠選手がもっているクラブ最多リーグ戦出場記録(415試合)を更新

6/27に開催されたJ1第20節鹿島アントラーズ戦に出場した北海道コンサドーレ札幌の宮澤裕樹選手が、クラブでのリーグ戦出場416試合を記録し、砂川誠選手がもっているクラブ最多リーグ戦出場記録(415試合)を更新した。

宮澤裕樹選手は、2008年シーズンからコンサドーレ札幌でプレー。昨シーズン終了時点でリーグ戦398試合に出場。今シーズンは、この日までに17試合に出場、先日の6/19大分戦(J1第18節)で415試合出場を達成、タイ記録となっていた。

【コンサドーレでのリーグ戦試合出場数ランキング上位】
1996年JFLから2020年J1リーグ終了時までの通算成績より

  1. 砂川誠:415試合
  2. 宮澤裕樹:398試合(更新中)
  3. 上里一将:258試合
  4. 内村圭宏:236試合
  5. 曽田雄志:232試合
  6. 荒野拓馬:221試合(更新中)
  7. 芳賀博信:210試合

※上位ランキング者は、JFLには出場していないので、上記のランキングは、クラブJリーグ最多出場ランキングと同じものとなる。


SNS上の関連コメント

コンサデコンサ内関連記事

「宮澤裕樹選手が砂川誠選手がもっているクラブ最多リーグ戦出場記録(415試合)を更新」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です