北海道コンサドーレ札幌U-18が第23回北海道クラブユースサッカー選手権(U-18)で優勝

6/20、第23回北海道クラブユースサッカー選手権(U-18)の決勝戦が行われた。

北海道大会は、道内3つのU-18クラブで実施され、北海道コンサドーレ札幌U-18、旭実FC、帯北FCU-18によるトーナメント形式で開催。札幌U-18はシードされ、まず旭実FC、帯北FCU-18が戦い、勝者と札幌U-18が対戦する。

当初、旭実FC、帯北FCU-18の試合が6/5、決勝戦が6/13の予定であったが、新型コロナウイルス感染症の影響で、それぞれ、6/19、6/20の日程に変更になっていた。

この日の決勝戦は、勝ち抜いてきた旭実FCと対戦。6-0で快勝し、優勝を決めた。

この大会は第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)北海道大会を兼ねている。勝利した北海道コンサドーレ札幌U-18は全国大会に出場する(25年連続)。日本クラブユースサッカー選手権は、7月25日から、群馬県で行われる。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌U-18が第23回北海道クラブユースサッカー選手権(U-18)で優勝」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です