ペトロビッチ監督がJ通算500試合

この日、札幌ドームでJ1第9節鹿島アントラーズ戦を戦った、北海道コンサドーレ札幌のペトロビッチ監督は、監督としてのJ通算500試合を記録した。

日本でのJ初戦は、サンフレッチェ広島監督として迎えた2006年7月19日のグランパス名古屋戦(J1)。その後、J1で458試合、J2で42試合で監督を努めた。

コンサデコンサ内関連記事

「ペトロビッチ監督がJ通算500試合」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です