北海道コンサドーレ札幌U-18が第44回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で2回戦敗退

群馬県で開催されている第44回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)に、北海道コンサドーレ札幌U-18は、北海道代表として出場した。

本来ならば、7月に開催されていた大会であったが、新型コロナウイルス感染症の影響で、この時期に延期になっていた。なお、この大会は、全試合LIVE配信されることになっている。

大会は、全国の地域予選を勝ち抜いてきた32チームによるトーナメント形式で開催された。12/25に行われた1回戦では、FC大阪U-18と対戦。試合は、前半から得点を重ねた札幌が5-0で勝利。

二日目の12/26に行われた2回戦では、鹿島アントラーズユースと対戦。試合はがっぷりな展開になるも前半にセットプレーから決められた1点を最後まで返すことができず、0-1で敗退に。

これにより、北海道コンサドーレ札幌U-18の大会最終成績は、2回戦(ベスト16)敗退となった。


SNS上の関連コメント

【1回戦】


【2回戦】


【卒業生の挨拶】

関連外部サイト

サイト内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です