2020年J1リーグが終了

この日、各地で9試合が同時開催され、2020年J1リーグ最終節が行われた。

北海道コンサドーレ札幌は、アウェイ埼玉スタジアム2002にて浦和レッズとの試合。試合は、前半を0−0で折り返し、後半へ。後半、先制点は札幌に入る。52分、駒井善成選手が、アンデルソンロペス選手からのパスをダイレクトにゴール右隅に流し込んだ。85分、追加点が札幌に。田中駿汰選手が、福森晃斗選手からのパスをゴール正面からゴール右隅にたたき込んだ。試合はこのまま終了。シーズン最終戦を2-0で勝利でかざった。

今季は、新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けたシーズンとなった。シーズンのゲームをすべて開催できるかが懸念されていたが、無事全日程を終了した。中断再開後の新規則に基づき、今季は降格クラブはない。

コンサドーレは天皇杯への出場権を得られれなかったため、今シーズンの公式戦はこの日で終了。オフに入る。

[コンサドーレのJ1リーグ2020シーズン成績]

・12位/18チーム
・10勝15敗9分(勝ち点39)
・47得点58失点(得失点差-11点)
・クラブ内得点王:(9得点)アンデルソン・ロペス、(6得点)ジェイ、(5得点)荒野拓馬、鈴木武蔵
・クラブ内最多出場時間ベスト5:菅野孝憲(2520分)、駒井善成(2504分)、田中駿汰(2436分)、福森晃斗(2407分)、宮澤裕樹(2347分)

[コンサドーレのJ1リーグ2020シーズンのいろんな記録]

(クラブ記録)
・初めて4シーズン連続J1残留を決める(クラブ記録更新)

(Jリーグの記録)
・J1リーグ戦通算23,000点目:ジェイ・ボスロイド選手(20/11/21 J1第28節北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルス線)


J1の最終成績は、川崎フロンターレが優勝。2位がガンバ大阪、3位が名古屋グランパス。今季は、降格クラブはなし。


SNS上の関連コメント

コンサデコンサ内関連記事

「2020年J1リーグが終了」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です